環境資源工学科 /地球・環境資源理工学専攻

FUTURE

進路の方向性

本学科/専攻卒業生は、金属、セラミックス、石油、鉱業、機械、電気、化学、食品などの各種製造業や、情報通信、建設、商社、官公庁、各種行政法人、運輸など様々な分野で活躍しています。学部卒業生の約7割が大学院に進学しており、修士課程修了者では石油・エネルギー関連企業への就職が多く、最近では環境・リサイクル関連企業への就職が増えています。

学部卒業者の進路

A:大学院進学
B:就職
C:その他
87.8%
6.1%
6.1%

修士課程修了者の進路

A:石油・エネルギー
B:情報・通信
C:鉄鋼・金属・鉱業
D:機械・エンジニアリング
E:化学・食品・製薬
F:電気機器
G:商社・コンサルティング
H:その他就職
16.7%
16.7%
11.7%
11.7%
8.3%
6.7%
6.7%
21.5%

卒業生の就職先

セントラルエンジニアリング(株)、(株)土木管理総合試験所、日本電気(株)、三菱スペース・ソフトウェア(株)、東京都職員Ⅰ類、日本エアーテック(株)、アストモスエネルギー(株)、東京ボード工業(株)、(株)明光ネットワークジャパン、三菱マテリアル(株)、東邦亜鉛(株)、住友金属鉱山(株)、JFEエンジニアリング(株)、DOWAホールディングス(株)、三井金属鉱業(株)、アクセンチュア(株)、国際航業(株)、応用地質(株)、(株)本田技術研究所、(株)日本総合研究所、(株)野村総合研究所、JBSテクノロジー(株)、レバレジーズキャリア(株)、JXアイティソリューションズ(株)、(株)日立システムズ、(株)日水コン、AGS(株)、日立パワーソリューションズ(株)、(株)日立製作所、富士通(株)、パナソニック(株)、国際石油開発帝石(株)、JX石油開発(株)、伊藤忠石油開発(株)、(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構、三井海洋開発(株)、大成建設(株)、トヨタ自動車(株)、東日本旅客鉄道(株)、日立化成(株)、信越化学工業(株)、東京真珠(株)、(株)日立ハイテクノロジーズ、東京瓦斯(株)、電源開発(株)、川澄化学工業(株)、(株)リコー、味の素AGF(株)、(株)ニチレイフーズ、埼玉県教員、(株)日本取引所グループ、(株)アエナ、富士ゼロックス(株)、SMBC日興証券(株)、(株)光通信、原子力発電環境整備機構、横浜市職員、(学)慶應義塾、JFEスチール(株)、(株)小学館