2019.03.04

環境資源工学科・楠山 永介さんが、(公社)物理探査学会 第139回学術講演会優秀発表賞を受賞

早稲田大学創造理工学部環境資源工学科・楠山 永介さん(M2・香村研究室)が、(公社)物理探査学会 第139回学術講演会優秀発表賞を受賞しました!おめでとうございます!

平成30年10月22日(月),23日(火),24日(水)、 富山国際会議場において開催された物理探査学会学術講演会。学術講演会優秀発表賞は、若手会員による研究を促進し、その成果を学術講演会での発表を通じて学会全体の活性化につなげることを目的としています。35才以下の発表者(登壇者)を対象としており、口頭発表とポスター発表それぞれに賞が設けられています。楠山さんは、「廃棄物埋立層内不飽和浸透流の比抵抗モニタリング」という論題で口頭発表を行い、優秀発表賞に選出されました。

物理探査学会 第139回学術講演会については以下をご覧ください。
http://www.segj.org/committee/gyouji/programView/viewProgram.php?event_id=73

香村研究室については以下をご覧ください。
http://www.kamura.env.waseda.ac.jp/

> NEWS一覧へ